記事リスト

社員のやりがいを高める

パソコンを操作する人

企業の成長戦略でもある

仕事を進める上で、社員のモチベーションの維持・向上は、企業の業績を左右するほどの重要なポイントです。社員がやりがいや誇りを持って主体的に自身の仕事に取り組めるように、企業内で社員マネジメントをしていくことは、今後の企業の成長戦略だと言っても過言ではありません。企業の管理職は部下たちが働きやすい環境をつくる能力も求められているのです。では、働きやすい(モチベーションが維持・向上する)職場とはどのような職場でしょうか。1点目は、適切な評価です。細かなことでもよいので、社員の頑張りを評価することです。褒められれば誰しも嬉しいものです。また、社員の見えないところでの努力もきちんと知ろうとすることも大事なポイントです。社員にとっては、「自分のことを理解しようとしてくれる」と感じれると、仕事に対してモチベーションがあがるものです。2点目は、密なコミュニケーションです。上司自身が今どのようなことを考えているか、どのようなプロジェクトをしようとしているかなど、部下に伝えてあげることも大事なことです。すると、「この会社にとって自分は必要なのだ」と感じられ、モチベーションにも影響を与えることでしょう。3点目は、社員の家庭も大事にすることです。イクメンなどの言葉も一般化したように、妻の出産、子どもの病気などのとき社員が仕事を休むこともあるでしょう。その時に、嫌な顔をせずに休ませてあげるということができれば、会社に対して感謝の気持ちを抱くものです。そうすれば、モチベーションも自然とあがるでしょう。